冠京華で朝ごはん&龍山時&鼎泰豊食べおさめ〜2泊3日台湾旅行⑦〜

冠京華で朝から小籠包

最終日の3日目は台湾グルメを食べおさめしたかったので、ホテルでの朝食はキャンセルし、朝から地元で有名だという小籠包屋さんに行きました。

地下鉄の台北小巨蛋駅から歩いて5分ほどのところにある「冠京華」です。

このお店は、珍しく朝9時オープンなので、朝から小籠包を食べたい!という人にはもってこいなお店です。

私たちが行ったのは9時ちょっと前で、フライングだったのですが…断られることもなく、お店に入れてもらえました。

「冠京華」でオーダーしたのは小籠湯包(メニューに小籠包がなく、恐る恐るこちらを頼んだら、普通の小籠包が来てホッとしました。)と、えびシュウマイです。

こちらが小籠湯包。写真では分かりにくいですが、実はかなりのビッグサイズ!!!

鼎泰豊で食べた小籠包の2倍くらいのサイズがありましたが、お値段は140ドル(約560円)ととってもリーズナブル!

味もお肉がとってもジューシーで、とても美味しかったです。

そしてこちらが、えびシュウマイ。

えびシュウマイも小籠包同様、かなりのビッグサイズでした。

お味の方は、海鮮の風味がぷぅ〜んと広がって、これがまたメチャうま!!パクパク食べれちゃいました。

ただ、かなりボリューミーなので、2人分にしてはちょっと多かったかも(><;)

台湾No.1のパワースポット龍山寺へ

お腹が満たされたところで、台湾No.1のパワースポットと言われている龍山寺へ行きました。

「冠京華」から龍山寺へは、地下鉄のグリーンラインとブルーラインを乗り継いで30分ほどで到着します。

ラッシュ時以外でも地下鉄は5〜10分間隔で運行しているので、ほとんど待つことなくすぐに移動できて本当に便利です。

龍山寺駅の1番出口を出て、公園を抜けるとすぐ龍山寺に到着です。

朝10時ごろに到着したのですが、あまり混んでもいなくて、並ぶこともなく入れて快適でした。

中は日本人をはじめ観光客がほとんどですが、中には読経していたりする地元の方もいて、本当に台湾の国民から愛されているお寺なんだなと感じました。

龍山寺といえば、境内に備えられた大きな釜?みたいなところに線香を立てて、その煙を頭に仰ぐという光景が有名ですが、この線香は入り口付近の窓口でタダでもらうことができます。


ろうそくも備え付けられているので、そこで火をもらって線香を立てましょう。

ただ、壺の中は線香だらけなので、火傷をしないように要注意です。

境内の裏には出世、子宝、恋愛それぞれの神様エリアがあります。もう最終日だったので、残りそうなコインはここでお賽銭として奉納させてもらいました。

鼎泰豊でもう一度チャーハン!

そして、台湾での最後の晩餐となったこの日の昼食は、あまりの美味しさが忘れられなかった「鼎泰豊」へもう一度チャーハンを食べに行きました。

今回行ったのは、龍山寺から地下鉄ブルーライン1本で行ける、忠孝復興駅直結のSOGO復興館に入っている「鼎泰豊」です。

ちょうど12時くらいにお店に到着した時点での待ち時間は20分ほどでした。

そして今回オーダーしたのは、骨なし豚肉のスペアリブがのったパイクーチャーハンと、野菜と豚肉入りワンタンスープです。

こちらがパイクーチャーハンです。お味はやっぱりシンプル・イズ・ベストでとっても美味しかったです。上に乗ったお肉は、正直スペアリブ?という感じ。あまりジューシーさがなかったのと、八角が使用されていたのでちょっと苦手な味でした。

これなら、ノーマルなチャーハンでもよかったかな。

そしてこちらが野菜と豚肉入りワンタンスープです。

スープという割には、どんぶりサイズの器に入ってきたのでびっくり!

ワンタンもかなりボリューミーでした。

こちらも薄味ですが、野菜のシャキシャキ感が感じられてとっても美味しかったです。

台湾旅行の続きはこちらから

これぞ最先端の極み!インタウンチェックインがハイテクすぎた〜2泊3日台湾旅行⑧〜
インタウンチェックインが絶対便利 飛行機は5時過ぎの便でしたが、余裕を持って1時半ごろに台北市内を出発することに。もちろん、帰りも市内と空...

インスタでフォローする

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加