ポケットWiFiはどこがお得?現地格安SIMへの入れ替えに初挑戦!〜2泊3日台湾旅行②〜

海外旅行にネット環境は必須!

今や、海外旅行にもネット環境は必須ですよね。地図を見たり、気になったことを調べたりと、とにかくネット環境が整っているだけで見知らぬ土地でも安心感が違います。

海外でのネット環境を手軽に整えられる、もっともオーソドックスな方法といえば、ポケットWiFiをレンタルすることですよね。

ポケットWiFiはどこがお得?

そこで、私が出発前に調べていたのは「イモトのWiFi」「Wi-Fo!」の2つ。どちらも、空港での受け取り&返却が可能で、世界中ほとんどの国を網羅しています。

また、海外ではなにが起こるか分からないので、念のために大容量プランに加入しておくことをオススメします。

台北では市内の移動に地下鉄を使う人がほとんどかと思います。4G回線なら台北の地下鉄でも利用することができるので、断然こちらを選んだほうが便利です。

では、「イモトのWiFi」と「Wi-Fo!」について、それぞれの特徴をまとめてみます。

イモトのWiFi

世界中、ほとんどの地域で利用することができ、3G、4Gの両回線が選べるイモトのWiFi。利用プランは最大で1日1G。無制限プランは無いようです。



利用料金は渡航先によっても違ってくるので、ここでは私たちが行った台湾を基準に見ていきたいと思います。

4Gで1日1Gまでのプランが1日あたり1,580円。さらに、東京本社以外での受け取り(空港や宅配)では受け取り手数料が1台につき540円かかります。

つまり、空港受け取り&返却で2泊3日使用すると

1,580円×3日+500円(手数料)=5,280円となります。

空港カウンターでの受け取りの場合、出発の4日前までの予約が可能です。

また、出発30日前以前に申し込めば早割も適応され、最大20%OFFとなるようです。

Wi-Ho!

また、「Wi-Ho!」も利用地域が広い点と、空港や宅配での受け取りができる点などは「イモトのWiFi」と同じですが、こちらでは地域にもよりますが無制限プランが設定されています。


台湾で1Gプランの場合、1日あたり1,090円。無制限プランを選んでも1日あたり1,590円です。

また、空港受け取りにかかる手数料は0円、そして自宅に宅配してもらった場合でも送料は0円です(宅配返却の場合は送料がかかります)が、商品手配手数料として1台につき540円かかります。

こちらも、同じく空港受け取り&返却で2泊3日使用すると

【1G】1,090円×3日間+540円(手数料)=3,810円

【無制限】1,590円×3日間+540円(手数料)=5,310円

と、イモトのWiFiよりもかなりお得に使うことができます。

申し込み期限も受け取り方法によって異なりますが、成田空港受け取りなら前日正午まで、関西国際空港なら2日前の正午まで予約を受け付けています。

無制限プランにしたい方や、空港受け渡しを希望する方は、断然こちらのほうがオススメです。

現地格安SIMに挑戦

そんな訳でポケットWiFiについて延々と調べていた訳ですが、現地で格安SIMに入れ替えるというサービスがあることを知り、急遽こちらを調べてみることに!

こちらのサービスの特徴は、何と言っても安いこと!そして、入れ替えたSIMは返却の必要がなく、そのままポイッと捨てるだけなので、返却の手間がかからないのも魅力でした。

私たちが利用してみたのは、「中華電信」という会社が販売している格安SIM。中華電信は中華民国最大手の通信会社なので、大企業が行っているという意味でも安心感がありました。

中華電信のサービスカウンターは、桃園国際空港に着いてすぐ、入国審査場の手前にあります。

事前の予約は不要で、なんとスマホ1台につき無制限プラン3日間で300台湾ドル(約1,200円)!!

2人での旅行なら、ポケットWiFiをレンタルするよりも断然安上がりでした。

カウンターの人は簡単な英語で対応してくれて、SIMカードの入れ替えも行ってくれました。SIMのサイズもnano・micro両方から選べます。

手続きとSIMの入れ替えで、トータル5分もかからないくらいで終わりました。

支払いはクレジットカードも使えるので、現地通貨への両替が済んでいなくてもOKです。

圏外になることは一切ナシ!

「中華電信」の格安SIMを使ってみた感想ですが、地下鉄はもちろん、九份に行くまでの田舎道でも一切電波が途切れることはなく、超快適に使うことができました。

なにより、ポケットWiFiをわざわざ持ち歩かなくて良いというのも、なるべく身軽でいたい旅行中には嬉しいポイントですよね。

大勢のグループでの旅行ならポケットWiFiを割り勘で利用するのも良いと思いますが、SIMフリースマホをお使いの方は、格安SIMへの入れ替えが一番お得で便利だと思います。

ちなみに、現地格安SIMを使うのであれば、SIM保管用のケース(100円ショップのピルケースなど)と、帰国してから自分でSIMを入れ替えるためのピンを持って行ったほうが良いと思います。

こちらの記事も読まれています

両替は台湾でする方がお得&開通したばかりの鉄道で安&楽移動!〜2泊3日台湾旅行③〜
両替は空港がおすすめ 現地通貨への両替は、日本よりも断然、台湾に着いてからの方がお得です。 台湾には、韓国のように街の中で個人が経営...

インスタでフォローする

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加