両替は台湾でする方がお得&開通したばかりの鉄道で安&楽移動!〜2泊3日台湾旅行③〜

両替は空港がおすすめ

現地通貨への両替は、日本よりも断然、台湾に着いてからの方がお得です。

台湾には、韓国のように街の中で個人が経営している両替所が無いので、空港で両替を済ませておくのがオススメです。

レストランなどではクレジットカードが使えるところもありますが、屋台や地元のお店、公共交通機関などは基本現金オンリーなので、2万円〜3万円くらいは現金にしておいた方が安心です。

私たちは2万円分を両替し、最終的にお土産屋さんなどで1ドルも残さずに綺麗に使い切ることができました。

※ちなみに、1000ドル札・500ドル札などの大きいお金が使えないお店もあるので、なるべくコンビニや大きいお店で現金払いをする際は、大きなお札を崩すように心がけていました。

また、市内での両替は銀行でもできるようですが、旅行客には地下鉄・忠孝復興駅直結のSOGO復興館B2Fにある両替所で両替をするのがオススメです。

レートも空港と同じで、手数料も格安。対応もとても丁寧でした。

空港から台北市内への移動はMRTが便利

桃園国際空港から台北市内への移動は、2017年春に開通したばかりの鉄道「桃園空港MRT」を利用しました。

バスで移動すると1時間半ほどかかるところ、MRTを使えば約半分の40分で空港と台北市内を移動することができます。

私は車酔いしやすいタイプなのと、少しでも早く市内に到着して現地を楽しみたかったので、迷わずこちらをチョイス。

運賃も160台湾ドル(約640円)と、とってもお安かったです。

入国し、ゲートをでるとすぐに見える案内板の右上に「→桃園機場捷運」という案内があるので、それに従って右の方へ行き…

案内に従って、乗り場がある地下に行きます。

乗り場に行くと券売機もありますが、100ドル札しか使用できないので、両替したてで大きなお金しか持っていない場合はインフォメーションカウンターで購入しましょう。

片言の英語で十分通じます。

私たちは台北までの片道きっぷを買いましたが、空港から台北までの往復運賃にプラスして、市内の地下鉄乗り放題のICカードがセットになったものも売っていたみたいです。


上が「空港から市内までの往復+地下鉄48時間乗り放題」で520ドル、下が「空港から市内までの往復+地下鉄72時間乗り放題」で600ドルです。

地下鉄の運賃はだいたい20〜35元くらいなので、十分元は取れそうなお得プランですよね。なにより、いちいち切符を買わなくて良いというもの魅力的です。

ちなみに、台湾の切符は全てICチップが埋め込まれたコインになっています。

これをピッとかざして改札を通るシステムです。エコだし、とってもハイテクですよね。

空港線の終点である台北車駅は、地下鉄の台北駅の隣になります。

左の二重丸で囲んだ建物が空港線の台北車駅、そして右の二重丸が地下鉄の駅になります。

空港線の台北車駅から地下鉄の北門駅、または台北駅に繋がる地下通路があるようですが、建物自体がかなり巨大でわかりにくいので、一度地上に出てから移動する方がわかりやすいと思います。

地下鉄の駅には、日本語の路線図も置いているので、これをまずゲットしておくと後の移動時に役立ちます。

日本以上に整ったインフラ&博愛精神

空港線はもちろんのこと、台湾市内の地下鉄はどこもウルトラ級に綺麗!清掃が行き届いているのはもちろん、使う人のモラルもとても高いんだと思います。

また、日本よりもハイテクなシステムも取り入れられており、驚くことも多かったです。

さらに、みなさんきちんと整列して電車を待っているし、優先座席は基本空席のまま。お年寄りが乗ってきたらすぐに席を譲るし、日本人よりも博愛精神に優れている国民性のようにも感じました。

こちらの記事も読まれています

鼎泰豊&台北101&夜市で台湾グルメを満喫!〜2泊3日台湾旅行④〜
鼎泰豊でチャーハン&小籠包 ここからは、旅の思い出を振り返りながら、私たちが行ったお店の紹介をしたいと思います。 まず向かったのは、...

インスタでフォローする

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加