プチプラなのに優秀!久保雄司さんもオススメするリンメルのシングルアイカラー

久保雄司さんもオススメ!リンメルのアイシャドウ

デパコスでは圧倒的な人気を誇るアディクション、MAC、ボビイブラウンをはじめ、空前のシングルアイカラーブームとなっている昨今。

プチプラからも、エスプリーク「セレクトアイカラー」、エチュードハウス「ルックアットマイアイズ」、ヴィセアヴァン「シングルアイカラー」など、1000円以下で買える商品も多く登場しています。

そんな中オススメしたいのが、リンメルから発売されているシングルアイシャドウ「プリズム パウダー アイカラー」と、「プリズム クリーム アイカラー」です。

特に新商品!という訳ではないのですが、いろんなプチプラシングルシャドウを試した結果、質感の演出に一番優れていると感じたので、ぜひ紹介させていただきたいと思います。

実はこのアイシャドウ、ブルーグロスなどの火付け役として知られる「クボメイク」こと、美容師の久保雄司さんもオススメしていたアイテムなんです!

“粉感”を全く感じさせない濡れまぶたに

まず紹介するのはパウダータイプの「プリズム パウダー アイカラー」です。

このアイシャドウの特徴は何と言っても、粉っぽさが全く感じられないこと!

逆に言うと、ベースの色味があまり付かないということでもあるのですが、そのぶん大粒パール単独での輝きが際立って、パウダーシャドウで作っているとは思えない濡れ感を出すことができます。

01 ダイヤモンドホワイト

王道のホワイトパールが輝く【01 ダイヤモンドホワイト】ですが、ベースの色味がほとんど付かず、パールだけがのっているのがお分かりいただけるでしょうか?

白浮きしないので、肌の色なども気にせず使うことができます。

02 ピュアピンク

見た目はパステルピンクっぽく見える【02 ピュアピンク】も、塗ってみるとピンク色はほとんど出ませんよね。

濡れ感はそのままに、ピンクパールになるぶん肌になじみやすくなっています。

涙袋に使うのもオススメです。

04 モダンブラウン

ゴージャスなゴールドベージュカラーの【04 モダンブラウン】。

この中では一番肌に溶け込む感じの色で、ゴールドの大粒パールがとっても華やか!

目元の印象をグッと上げてくれます。

ベースカラーが付かないので、どんなアイシャドウに重ねて使っても、発色を邪魔することなく、きらめきだけをプラスすることができます。

グラデ自由自在!しっかりフィットのクリームタイプ

続いては、同じシングルシャドウのクリームタイプ「プリズム クリーム アイカラー」を紹介します。

パウダータイプの方は“クリアな輝き”が特徴的でしたが、クリームタイプの方はしっかりと色づく高発色さが魅力!

伸びも良いので、ワンカラーグラデを作るのもとっても簡単です。

03 ヌーディーベージュ

ベースとしても使いやすい【03 ヌーディーベージュ】。

肌に溶け込むツヤ感が魅力で、ハイライターとしても使えます。

めちゃくちゃ細かいパールなので、派手になりすぎず、綺麗に光を集めて目元をパッと明るく見せてくれます。

04 キャラメルブラウン

ナチュラルなブラウンがとっても使いやすいキャラメルブラウン。

ブラウン×ゴールドの絶妙なバランスが、個人的に昔から愛用しているMACのアイシャドウと似ていて大好きな色味です。

目元を締めすぎずに印象アップしてくれるので、ワンカラーでも重たくなりすぎずに使うことができます。

アイラインをぼかすのにも最適なカラーです。

05 ウォームブラウン

赤レンガっぽい色味の【05 ウォームブラウン】。

ありそうでなかった赤みブラウンが、ピンク系のシャドウと相性抜群です。

こちらの記事も読まれています

試供品ハンター第2弾!新作デパコス・ファンデ−ションを総チェック&サンプルの豪華さを勝手にランキング
試供品ハンター第2弾!新作ファンデのサンプルだけを一斉調査 3月に入り、続々と春夏の新作コスメが登場してきましたね! このシーズンに...
4月12日発売「Sweet」5月号はsnidelコラボコスメ4点セットが付録に!
snidelコラボの付録が大人気の「Sweet」4月号 3月12日発売の4月号に、人気ファッションブランド『snidel』とコラボしたネイ...
花粉肌荒れの大敵はクレンジング!?ミネラル系コスメ「ETVOS」を69%オフで試す方法
石けん落ちはなぜ良い? 昨年、「クレンジングをやめたら肌がきれいになった」(著:北島寿)という書籍が発売されるなど、クレンジングが肌に与え...

インスタでフォローする

Adsense関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

いいね!しよう