【ケイトvs.インテグレート】プチプラ眉マスカラ比較!色味の違いや汗・皮脂耐久を徹底調査

プチプラ眉マスカラ比較してみました

プチプラ眉マスカラ界で圧倒的な人気を誇るインテグレートの「ニュアンスアイブローマスカラ」と、ケイトの「3Dアイブロウカラー」。

(左がインテグレート、右がケイトです)

@cosmeの眉マスカラ部門ランキングでも、インテグレートが星5.0で第2位、ケイトは星4.4で第3位と、いずれも高評価を受けていることがわかります。

そんな大人気の2商品を実際に使ってみたので、その違いについて徹底比較してみたいと思います。

インテグレート「ニュアンスアイブローマスカラ」紹介

ではまず、それぞれの商品に付いて簡単に説明します。

インテグレートの「ニュアンスアイブローマスカラ」は、

  • BR671 モカブラウン
  • BR672 ナチュラルブラウン
  • BR773 アッシュブラウン
  • BR774 ミルクブラウン

の4色展開。

モカブラウン→ミルクブラウンになるに連れて、明るめカラーになっていきます。

その中でも私が持っているのは、ナチュラルブラウンのカラー。

ブラシは比較的大きめなのですが、毛量がしっかりとあるブラシなので、短い眉毛もしっかりキャッチして塗ることができます。

また、このブラシは地肌に付きにくい設計になっていて、事実、割と適当に塗っていても、地肌にマスカラ液が付いたことはないので、とっても使いやすかったです。

価格は1本800円です。

ケイト「3Dアイブロウカラー」紹介

ケイトの「3Dアイブロウカラー」は、

  • BR-1 ナチュラルブラウン
  • BR-2 ナチュラルアッシュ
  • BR-3 ソフトブラウン
  • LB-2 ライトベージュ

の同じく4色展開ですが、一番暗めのカラーが「BR-1 ナチュラルブラウン」(インテグレートでは2番目に暗いカラー)なので、全体的に明るめカラーが揃っている印象です。

私が使用しているのは、【BR-1 ナチュラルブラウン】のカラーです。

ケイトの眉マスカラは、ブラシが小さめなのが特徴的。

毛流れを揃えたり、細かいニュアンスを演出したい時に、このブラシはとっても重宝します。

価格は1本850円です。

カラー比較

では、2つの眉マスカラのカラーを比較したいと思います。

私が持っているのはどちらも【ナチュラルブラウン】なので、一番違いがわかりやすいかと思います。

上がインテグレート、下がケイトです。

同じ【ナチュラルブラウン】ですが、インテグレートはゴールドっぽくケイトは焦げ茶っぽく見えますね。

ちなみに、インテグレートの眉マスカラは細かいラメが入っていて、ケイトはノーラメです。

なので、インテグレートの方が眉の色は飛ばしやすいですが、ギャルっぽく見える危険性もアリ。

一方のケイトはナチュラルに仕上がりますが、しっかり根元から塗らないと、眉の色の変化が感じにくいです。

地肌に付きにくいのはどっち?

では続いて、地肌への付きにくさの比較です。

これは眉マスカラを選ぶ上でとっても大切なポイントですよね。

地肌への付きにくさの調べ方としては、ブラシを肌に当てた状態でコロコロ〜と2往復させてみました。

結果はこちらです!

上がインテグレート、下がケイトです。

ケイトの方が若干、地肌に付きやすいですね。

多分、ケイトの方がマスカラ液が緩くてブラシ先端に溜まりやすいのと、小さめブラシの先端にマスカラ液が溜まりやすい設計になっているのが原因だと思います。

ケイトのマスカラを使う際は、地肌につくのを防ぐために、一度ブラシをティッシュオフしてから使うことをオススメします。

汗耐久するのはどっち?

次は、夏に気になる汗耐久について!

「気づかない間に溶け出しちゃってた!」なんてことになったら大変ですからね。

調べ方としては、手にマスカラを塗って、シャワーの水を結構勢いよく10秒間くらい当ててみました。

結果はこちらです!

上がインテグレート、下がケイトです。

なんと!どちらもシャワーの水流には微動だにしませんでした!!!

これはすごい!

ちなみに、水を拭く際に思いっきり擦ったら、両方とも見事に取れちゃったので、汗をかいたり水に濡れたりした際は、擦らず、優しくふき取るようにしてください。

皮脂耐久に優れているのはどっち?

そして、もう一つ重要な耐久といえば、皮脂への強さです。

こちらは、手に塗ったマスカラを、ハンドクリームを染み込ませたコットンで20秒間プッシュ!どのくらいコットンに色移りするかを調べました。

結果はこちらです!

上がインテグレート、下がケイトです。

見事!どちらも色移りしていませんでした!!

皮脂への耐久は、どちらもかなり強いですね。

ちなみに、このコットンで思いっきり擦り取ったら、インテグレートの方は綺麗に落ちましたが、ケイトはちょっとだけ残りました!

上がインテグレート、下がケイトです。

この結果を踏まえると、皮脂への耐久はケイトの方が優れていると言えそうです。

実際に2つを使ってみた感想は?

では、実際に2つの商品を使ってみての感想をまとめたいと思います。

2つのうち、どちらにしようかと迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

インテグレート「ニュアンスアイブローマスカラ」を使った感想

インテグレートの方は、とにかく地肌に付きにくいのと、ラメの効果で簡単に眉の印象を明るく変えてくれるところが好きです。

ティッシュオフや、特別な技術がなくても眉だけを根元から綺麗にカラーリングしてくれるので、とても優秀だと思っています。

ケイト「3Dアイブロウカラー」を使った感想

ケイトは、何より細かいブラシが扱いやすい!

最近は太眉ブームに乗って、眉をフッサフサに生やしているのですが、毛流れをより綺麗に整えやすいのはケイトの方だと思っています。

また、最近は大人っぽい、ナチュラルなメイクにハマっているので、ノーラメのケイトの眉マスカラの方がより自然に仕上がるので、重宝しています。

欲を言えば、もう一段階暗いカラーを発売してくれたら、暗めブラウンの私の髪色にぴったりなのにな…とも思ったり。

眉マスカラ選びに迷っている方の参考になれば、幸いです。

こちらの記事も読まれています

ストレス過多な敏感肌さんや毛穴が気になる人必見!ポーラの妹ブランド「ディセンシア」サエル使ってみました
ポーラの妹ブランド「ディセンシア」のトライアルをゲット! 美容雑誌で高い注目を集めている、「ディセンシア」。 ポーラから敏感肌向けの...
サロン脱毛でも根絶できない!?気になる指毛はお家で光脱毛処理しちゃいましょう♪
夏になるときになる“指毛”!!! そろそろサンダルが似合う季節になってきましたね。 私も「足先から衣更え」ということで、久々にペディ...
200冊以上が読み放題で380円!【楽天マガジン】で読むべき雑誌とは?
雑誌も本もタブレット派です! 私は読書が大好きで、小説、自己啓発本、雑誌などを暇つぶしに読むことが多いです。 以前は「本はペーパーじ...

インスタでフォローする

Adsense関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

いいね!しよう