キャンメイク「リップティントジャム」に秋の新色エスプレッソジャムが登場

キャンメイク「リップティントジャム」に秋色が登場

10月10日、キャンメイクの「リップティントジャム」シリーズに秋の新色が新たに登場しました。

上が新色の「04  エスプレッソジャム」、そして下が昨年も限定色として発売されていた「03 プラムジャム」です。

昨年との違いなども調査してまとめてみました。

「03 プラムジャム」は去年と全く同じ

まず、去年バカ売れした「03  プラムジャム」ですが、質感・発色・味に至るまで、全て去年と同じでした。

サラサラとした水のような質感で、ティントとしての力は弱め、そしてとても甘苦い味がして舐めるととっても不味いです。

そしてこの「リップティントジャム」最大の難点である、油と全く交わらないという性質も改善されていませんでした。

この油と完全に交わらないというのがとても困りもので、ベースのリップクリームはもちろん、上に重ねたグロスともまったく交わらず、分離を起こしてムラだらけになってしまうんです。

上が素肌に塗った状態、そして下がリップクリームの上に重ねた状態です。

下の方がムラになっているのがお分かりいただけるかと思います。

リップも塗れないんじゃ、唇は乾く一方!

せっかく色味は可愛いのに、使い勝手が悪すぎて残念です。

「04 エスプレッソジャム」はティント効果がUP

一方、新作の「04 エスプレッソジャム」は、去年までの商品と比べて格段にティント力がアップしていました。

塗った瞬間に着色される感じで、この力強いティント力は韓国コスメを彷彿とさせるほどです。

見た目は茶色っぽいですが、塗ってみるとかなりはっきりとしたオレンジ色に発色します。

サラサラとした水のような質感は「03  プラムジャム」と同じですが、味はかなりマイルドになっていて、舐めてもまぁ許容範囲かな?というくらいの苦味におさまっています。

ただ、「03  プラムジャム」と同じく全く油分とは交わらないので、一度ティントをティッシュオフしてからグロスを重ねるなどした方が良いと思います。

どちらの色味に関してもそうですが、色味は可愛いのにムラになりやすいのが本当に残念!650円というプチプラもとても魅力的ですが、これなら他のティントやリップを買った方が良い気がします。

こちらの記事も読まれています

ケイトからアイ&チーク&眉が1つになった「ディメンショナルパレット」が限定販売
コスパ最高!ケイトのマルチパレット 11月1日に発売されたケイトの「ディメンショナルパレット」。 アイシャドウ2色、チーク1色、アイ...

インスタでフォローする

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加