9月1日発売 POLA「B.A パウダリィバームファンデーションM」使ってみた

POLAの新商品「B.A パウダリィバームファンデーションM」

9月1日に、POLAのエイジングケアラインとして絶大な人気を誇るB.Aシリーズから新たなファンデーションが発売されました。

その名も「B.A パウダリィバームファンデーションM」。
多くの雑誌などでも大々的に広告を行っていたので、気になっていたという人は多いかもしれません。

こちらのファンデーションのテクスチャーはしっとりとしたバームタイプです。

下地には「B.A デイセラムM シルキーグロー」を使用

今回下地には、同じくB.Aシリーズから発売された下地「B.A デイセラムM シルキーグロー」を使用しました。

“デイセラム”のネーミング通り、化粧下地の他にも日中美容液として常に肌をケアし続けてくれるというこちらの商品。塗り心地はとてもしっとりで、ほのかなピンク色と、とっても細かいパールで肌を血色良く、艶やかな感じに仕上げてくれます。

そして、お花のようなとーっても良い香りが!

使いながら癒しの効果も得られそうです。

バームがサラサラに変わる不思議な触感

バームタイプの「B.A パウダリィバームファンデーションM」。触ってみた感じは先日紹介したイプサの「ファウンデイション アルティメイト」よりも固めでしっかりとしている印象です。

固まっているときよりも、手に取ってみると一段色が明るく見えますね。これは標準色のP2番です。

そして、カバー力の方はというと…

(先日に引き続き、手に残った眉ティントの右半分にファンデーションを塗り、カバー力を比較しています。)

1度塗りでこのカバー力なら、まずまずじゃないでしょうか?

そして驚いたのが、塗っている途中からバーム状だったファンデーションがサラサラ質感に変わって、仕上がりはすっかりパウダリーファンデーションを塗ったかのようになっていたんです!

さらさら&しっとりというとても不思議な仕上がりで、肌は潤っているしパウダリーファンデーションよりはカバー力もあるのに、サラサラな仕上がりで、かつ粉浮きもしない!

パウダリーファンデとリキッドファンデの良いとこ取りをした感じの使い心地でした。

ちなみに仕上がり感はセミマットな感じになります。

崩れにくいのもポイント

さらに、メイク崩れしにくいのもバームファンデーションならではの特徴だと思います。

皮脂が浮いてきても、毛穴の目立ちなどはそこまで気になりませんでした。メイク後5時間くらいであれば、お直しなしでもいけそうです。

(それ以上の場合は、スポンジなどを使用して直さないと、やっぱり鼻周りなんかが崩れてきます。)

パウダリーファンデーションの軽やかさはほしいけど、乾燥が気になる!という人にはぜひお勧めしたい商品です。

こちらの記事も読まれています

「MAQUIA」11月号付録が想像以上に豪華!なんと合計2,600円相当以上!
ETVOSが付録の「MAQUIA」11月号 9月23日に発売された「MAQUIA」11月号。発売日に書店に行ってさっそくゲットしてきました...

インスタでフォローする

Adsense関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

いいね!しよう