ルナソル・コスデコ・THREEから続々登場!2019年新作パウダリーファンデを徹底比較

軽さと崩れにくさが魅力のパウダリーファンデが続々登場!

春夏ファンデが続々と発売されてる中、今年は新作の顔ぶれにちょっとした異変が!

なんと、ルナソル・コスメデコルテ・イプサ・ THREEなどデパコスの人気ブランドから続々とパウダリーファンデが発売されているんです!

近年はツヤ肌がブームだったこともあって、すっかりリキッドファンデやクッションファンデばかりの新作が目立っていましたが、ここに来て改めてパウダリーの人気に復活の兆しが見えているようです。

そんなパウダリーファンデの魅力といえば、やはり

  • 塗りやすい
  • 仕上がりが軽い
  • 崩れにくい(汗や皮脂に強い)
  • お直しが楽

といったことが挙げられますよね。

そういった使いやすさも、人気の復調に拍車をかけているのかもしれません。

パウダリーでも“しっとり感”はもはや当たり前!?

ただ、そんなパウダリーの欠点といえば、粉っぽい仕上がりになること、ツヤ感が出せないことでしたが、今やそんなのは昔の話!

最新パウダリーファンデは、ピタッと肌に密着し、リキッドに劣らないくらい“しっとり”とした仕上がりを実現してくれます。

また、保湿効果も高くいので、つけている間も乾燥しにくい次世代型パウダリーが続々と登場しているんです。

ルナソル・コスメデコルテ・THREEの新作パウダリーの特徴まとめ

2019年春夏に新発売となったデパコスパウダリーのうち、

  • ルナソル「グロウウィングヴェールフィニッシュ」
  • コスメデコルテ「AQスキンフォルミングパウダーファンデーション」
  • THREE「プリスティーンコンプレクションパウダーファンデーション」

のデパコス4商品について、それぞれの特徴をまとめてみました。

【ルナソル】グロウウィングヴェールフィニッシュ

オイルベースのプライマー(左)とパウダー(右)が一つになっていて、ルナソルが提唱するナチュラルな“水ツヤ肌”を作ることができるパウダリーファンデとなっています。

手触りはサラサラなのに、潤い感あふれる仕上がりになるのが◎。

崩れにくくて、毛穴落ちも一切しないです。

【コスメデコルテ】AQスキンフォルミングパウダーファンデーション

上質なクリームのような肌触りのパウダリーで、まるでハイライトのようなツヤ感を演出してくれるアイテム。

ブライトリフトパウダーがリフトアップ効果を演出してくれます。

ただ、崩れた時に顔全体のギラギラ感が目立つのと、毛穴落ちしやすいのが難点…。

【THREE】プリスティーンコンプレクションパウダーファンデーション

ファンデとハイライトが1つになったTHREEの新作ファンデ。

ブラシでつければふんわりと、スポンジでつければツヤっぽい質感に仕上がります。

  • 天然由来成分85%
  • 紫外線吸収剤フリー
  • パラベンフリー

と、肌への優しさにこだわっているのもTHREEらしさ。

「最小限に隠して最大限に生かす」というブランドコンセプト通り、素肌美を引き出すナチュラルな仕上がりがフレッシュさを際立たせるファンデになっています。

デパコス新作パウダリーを徹底比較

では、そんな大注目の4商品を、質感やコスパ、色展開など様々な視点で比較してみたいと思います!

ツヤorマット

まず、ファンデの仕上がりですが

  • ルナソル・コスメデコルテ→【ツヤ】
  • THREE→【マット】

となります。

中でも、ツヤ感が一番強いのはコスメデコルテで、パウダリー自体に細かなパール感が配合されているので、顔全体がギラッとした仕上がりなります。

一方、同じツヤ感仕上げでもルナソルは控えめながらしっとり感のあるツヤっぽさがでます。

THREEはファンデ自体はマットですが、セットになっているハイライトを使うことで部分的にツヤを足したり、ブラシで混ぜて使うことで全体的にツヤ感を仕込むことも可能。

色展開を比べてみた

各ブランドの色展開数は以下の通りです。

【ルナソル】4色展開(標準色は2番目に明るい【02Natural】)

【コスメデコルテ】7色展開(標準色は4番目に明るい【302オークル】)

【THREE】8色展開(標準色は5番目に明るい【203番】)

パウダリーというと、リキッドほどはしっかりと色がつかないこともあって、色展開が乏しいイメージでしたが、ルナソル以外は色展開も豊富でびっくりですね。

カバー力を比べてみた

パウダリーということで、どれも正直そこまで高いカバー力はありません。

ただ、ルナソルとコスメデコルテはツヤ感で色ムラやトラブルを飛ばしてくれて、THREEやイプサはふんわりとした柔らかさでトラブルを包み込むというタイプのカバーの仕方になっています。

【ルナソル】

【コスメデコルテ】

【THREE】

日焼け止め効果を比べてみた

春夏発売のファンデということで全アイテムとも日焼け止め効果が含まれています。

参考までに、専用プライマーが発売されている場合はそちらの日焼け止め効果についても記載しているので、参考にしてみてください。

【ルナソル】

  • プライマー:SPF32/PA+++
  • ファンデ:日焼け止め効果なし

【コスメデコルテ】

  • ファンデ:SPF23/PA++
  • (専用下地「AQラスティングUVプライマー」:SPF40/PA+++)

【THREE】

  • ファンデ:SPF26/PA+++
  • (専用下地「プリスティーンコンプレクションヴェール」:SPF27/PA+++)

崩れやすさを比べてみた

【ルナソル】

付属のプライマーが、スムーサーのように肌をスルンと滑らかにしてくれるので、ファンデを均一に、そして薄くのせることができます。

プライマーがオイルベースなので乾燥知らずなうえ、ファンデは皮脂にも強く、時間が経ってもサラサラっとした手触りも残っていました。

マスク・眼鏡の擦れにも強くて、崩れにくいし崩れかけもとっても綺麗でした。

【コスメデコルテ】

ツヤが強めのため、全体的にパールが配合されたようなギラギラ感があるファンデなのですが、時間とともに皮脂のせいもあって顔全体がギラギラした感じになってしまいました。

毛穴落ちもしやすく、Tゾーンや顎のあたりは皮脂とファンデとが分離も起こしてしまったので、崩れ方としてはとても汚かったです。

【THREE】

粒子が細かく、とっても軽いので、とにかく崩れにくいです。

時間が経っても毛穴落ちしたり、ヨレてきたり、皮脂と分離したりということは一切ありませんでした。

マスクは、鼻など擦れてしまう部分だけはどうしても取れてしまいますが、お直ししやすいのであまり問題ではありませんでした。眼鏡跡はほどんとつかなかったです。

コスパを比べてみた

パウダリーファンデということで、各ブランドともケースやスポンジが別売りになっています。

全て揃えるといくらになるのか、チェックしてみましょう。

【ルナソル】

  • プライマー:2,500円
  • ファンデ:2,500円
  • 専用ケース(スポンジ付き):1,500円

ルナソルでは、トータル6,500円で全てを揃えることができます。

プライマーとファンデが2つセットだと思えば、結構お手頃価格でもありますよね。

【コスメデコルテ】

  • ファンデ:9,000円
  • 専用ケース:2,000円
  • スポンジ:500円

他ブランドよりも頭一つ飛び出た価格となっているコスデコ。全て揃えるとトータル11,500円になります。

毛穴落ちしたりと、崩れ方が汚い上にこのお値段はちょっと無いかな…というのが本音です。

【THREE】

  • ファンデ:4,500円
  • 専用ケース:1,800円
  • 専用スポンジ:500円
  • 専用ファンデーションブラシ:1,800円

THREEの場合、スポンジを選べば6,800円、専用のファンデーションブラシにするとトータル8,100円となります。

柔らかい毛質の上質なブラシではあるのですが、あのサイズで1,800円はちょっと高い気も…

コスパで選ぶなら、プライマーとセットのルナソルがお手頃ですね。

インスタでフォローする

Adsense関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

いいね!しよう