スキンケアしたのにベタベタ…なんて最悪!オイリー肌にもオススメな高保湿なのにベタつかないスキンケアまとめ

スキンケア後のベタつきって不快!!

ジメジメ…ムシムシ…する季節でも欠かせない保湿。

保湿をすることで紫外線のダメージを和らげることができるので、日焼けによるシミやシワ予防のためにも、保湿は夏にこそ大切だと言えます。

でも、高保湿タイプのスキンケアアイテムって、潤いと引き換えにベタベタ…ペタペタ…してしまうものも多いですよね。

顔を洗ってサッパリしたのも束の間、スキンケアでまたベタベタに…なんて最悪じゃないですか!?

顔がベタつくとメイクのノリも悪くなるし、首やデコルテがベタつくと髪の毛が張り付いて痒いし、とにかく不快感極まりないです。

デパコスはベタつきやすい?

保湿力が高いスキンケアアイテムといえば、デパコスがとっても優秀ですよね。

でも、私の経験からしてデパコスのほとんどはベタつきやすいです。

というのも、デパートに出店しているお店って、客層がちょっと高めに設定されています。

そのため、エイジングを意識しているお客さんが圧倒的多数なので、「何が何でも保湿!」という商品が多いです。

私は今までエスケーツーアクセーヌ、クレド・ポー・ボーテ、イプサなどのスキンケアアイテムを使ったことがあるのですが、テクスチャーは違えど、どれもベタつきました。

冬場はこれでも良いんですが、夏になるとちょっと使いたくないなあ…というアイテムが多かったです。

高保湿なのにベタつかないスキンケアブランドとは

そんな悩みを解決してくれるのが、高保湿なのにベタつかないという夢のような仕上がりを叶えてくれるスキンケアアイテムたちです。

数は多くはありませんが、さっぱりとした仕上がりなのにすごく潤うスキンケアブランドというのは実際に存在します!

私が今まで出会った、潤うのにベタつかないスキンケアを紹介します!

潤い重視派には『米肌』

とにかく潤いが欲しい!という人には、ライスパワーNo.11エキスが配合された『米肌』がオススメです。

ライスパワーNo.11エキスとは、白米から抽出された成分を発酵・熟成させて生成されたもの。肌の水分保持能力を“改善できる”と認められた唯一の成分ということで、スキンケア界でもアツイ注目を集めている成分です。

そんなライスパワーNo.11エキスを配合した『米肌』の化粧水は、無色透明で水のようなテクスチャーなので、ぐんぐん肌に染み込んでいってくれます。

クリームもとっても軽くて、【乳液以上クリーム未満】の絶妙なテクスチャー。

肌にしっかりとしみ込んで潤いを閉じ込めてくれるのに、表面はベタつかずサラサラ!とした仕上がりにしてくれます。

化粧品会社大手のコーセーが製造・販売している点も安心ですよね。

『米肌』は通販限定ですが、

  • 洗顔石鹸
  • 化粧水
  • 美容液
  • クリーム
  • フェイスパック(1枚)

が入った14日間のトライアルセットなども用意されているので、気軽に試してみてください。

敏感肌対策もしたいなら『ディセンシア』

ベタつかない潤いケアと、敏感肌対策もしたいなら、ポーラが発売している『ディセンシア』がオススメです。(夏場は特に、美白ケアラインの「サエル」が良いです◎)

『ディセンシア』は、ポーラが敏感肌対策用に新たに立ち上げたブランド。

ポーラと共同研究・同じ工場で製造されていますが、通販限定販売なので価格も抑えられていてお財布にも優しいです。

とにかく肌に優しい処方なのに美白ケアができたり、ストレス性の敏感肌対策もしてくれるという新しいコンセプトのアイテムが揃っているのも魅力です。

化粧水のテクスチャーは“肌に浸透するけどベタつかないギリギリのトロミ感”があって、コットン無しでも使えます。

クリームは、『米肌』よりもさらに軽いジェルクリームという感じ。

スッと肌に吸い込まれるように馴染んで内側から潤いをキープしてくれるのに、肌表面は全くベタつきません。

ローズとローズマリーのほのかな香りがついているので、癒し効果も抜群です!

『ディセンシア』も、

  • 化粧水
  • 美容液
  • クリーム
  • CCクリーム(1回分)

が入った10日間分のトライアルセットが用意されているので、気になる方はこちらから試してみてください。

それでもベタつきが気になるならミスト&ティッシュオフ

さっぱり仕上がるスキンケアを使っても肌の仕上がりに不安が残るのなら、

化粧水とクリームでしっかりと保湿→ミスト&ティッシュオフ

で肌表面に残った余分なスキンケア成分を取り除くのがオススメです。

ベタつきを嫌って、最初からスキンケアを手抜きしてしまうと、肌が乾燥したと勘違いして皮脂が余計に出てきてしまうので、120%の保湿をしてから、20%分を取り除くという方法をとりましょう。

この時に使うミストは、スプレータイプで霧のように細かく出てくるものがオススメです。

高保湿スキンケアはオイリー肌対策にも!

高保湿のスキンケアは、乾燥肌の人だけのものではありません。

実は、皮脂多めのオイリー肌さんにこそ試して欲しいスキンケア方法なんです。

私も元々かなりオイリー肌で、Tゾーンはテカるし、ファンデはグチャっとヨレるし、ニキビもできやすいし…と最悪な肌コンディションに悩んでいたのですが、「これでもか!」というほど保湿をするようになってから、皮脂分泌が抑えられてメイク崩れもしにくくなったし、ニキビもできなくなりました。

高保湿なのにベタつかないアイテムを使えば、思う存分保湿をすることができるので、肌質改善にも一役かってくれますよ。

こちらの記事も読まれています

ポーラもスックもルナソルも!2018年上半期ベスコス受賞したデパコスを激安で購入する方法とは
2018年上半期ベスコス発表! 今年も、半年に1度の恒例イベント「ベスコス発表」がありましたね。 ベスコスは「なるほどね〜」と参考に...
ベスコス受賞しまくり!『ディセンシア』のメリット・香り・テクスチャー・敏感肌との相性を口コミで徹底検証
2018年上半期ベスコスにランクインしまくった「ディセンシア」 6月に発表された2018年上半期のベストコスメ。 「POLA」や「H...
【アテニアvs.シュウウエムラvs.ファンケル】コスパやメイク落ちが一番優れているのはどのクレンジング?
ベスコス上位常連のクレンジングといえば! 「@cosme」や美容雑誌で半年に一度発表される“ベスコス(ベストコスメ)”。 そのクレン...

インスタでフォローする

Adsense関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

いいね!しよう