イプサ「マリンケイク」はガサガサ&ゴワゴワに!?他の洗顔石鹸と比べてみた!

「MAQUIA」7月号付録でイプサをゲット!

5月22日に発売された「MAQUIA」7月号。

今月は、イプサの化粧水と洗顔石鹸が付録になっていたので、迷わずMAQUIAを購入しました!

化粧水の「ザ・タイムR アクア」は以前使ったことがあったのですが、洗顔は初めて!

発売前からこのブルーの石鹸が気になってたまらなかったんです♪

洗顔石鹸「マリンケイク」で肌がガサガサに!

洗顔石鹸の「クレンジング マリンケイク」は海泥が含まれていて、角質や毛穴汚れもスッキリ落としてくれる、高いクレンズ力を持っているというアイテムです。

見た目は透け感のあるブルーで、中にキラキラとラメっぽいものが見えます。

ラメが入っているわけではないので、これは一体なんの成分なんでしょう?

手だけで泡立てても全然ダメだったので、泡立てはネットを使いました。

泡立てネットを使うと、簡単にモコモコ泡が作れます。

結構しっかりとした弾力のある、もっちり泡が完成しました!

そして気になる洗い上がりは…なんと、肌がガサガサ&ゴワゴワに!!

クレンズ力が高すぎて、私の肌には合わなかったのか、洗顔後の肌は「全てを持って行かれてスッカラカン」という表現が似合うほど、カサカサになっていました。

手触りも“キュキュッ”とした音がなりそうなくらい、なめらかさのカケラも無くなっていました。

化粧水だけでは乾燥が収まらず、冬でもないのに久々にオイルまで使ったほどです。

デパコスなのに、このクオリティは正直残念です…。

今まで使ったことがある固形石鹸と比べても、クオリティは低い!

私が今まで使ったことのある固形石鹸は

  • 悠香「茶のしずく石鹸」
  • 米肌「肌潤石鹸」

の2つしかないのですが、それぞれを簡単に説明すると…。

モコモコ泡洗顔の先駆けとも言える「茶のしずく石鹸」はニキビ肌が劇的に改善して、心の底から感動したアイテムでした。

もう今から10年近く前に使っていたものなので、詳しい使い心地は覚えていないのですが、肌がなめらかになったのは今でも覚えています。

ちなみに、最近では小麦のアレルゲンを除去した製品にリニューアルして、販売されているみたいです。

そしてもう一つの米肌「肌潤石鹸」は、米肌のトライアルセットについてきたもの。

すごくさっぱりするのに潤いが残って、モッチモチになる洗い上がりに驚きました。

しかも、泡立てネットを使わずに手だけでこんなにフワフワの泡が作れるんです。

メインで使いたかったアイテムは化粧水だったのに、一番印象に残っているのがこの石鹸と言ってもいいくらい、「なんでこんなに潤うのー!?」と驚かされた商品です。

米肌は洗顔〜クリームまでのライン使いでお試しできるので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

今まで良い商品に出会いすぎてきたせいなのか、「マリンケイク」のクオリティの低さにはがっかりです。

固形石鹸にも“ピンキリ”があるらしい

「デパコスなのにこのクオリティ!?」と驚きだったイプサの「マリンケイク」。

デパコスだからって絶対的に良いものが揃っているわけじゃないということを改めて感じました。

固形石鹸も、今までは洗浄力と保湿を兼ね備えている印象がありましたが、そうじゃないものもあるってことですね。

ま、こういうのを試せるからこその付録なので、どっちみち今月号MAQUIAは買って正解でした!

こちらの記事も読まれています

最安値が見つかる!?コスメ版“価格.com”アプリ「noin」は本当に最安値なのか検証してみた
コスメ版“価格ドットコム”アプリ「noin」 今や、家電を買うときにはマストなツールとなっている“価格ドットコム”。 最安値価格が簡...
『ピテラ』と『ライスパワーNo.11』は何が違う?SK-Ⅱ&米肌&ライスフォースで徹底検証!
大人気の“お米の力”系スキンケア 最近、いっそう人気を増している印象の“お米の力”系スキンケア。 もう少し正確に言うと、お米を発酵し...
6月22日発売の「&ROSY」8月号は史上最多数のコスメサンプルが付録に!RMKの高見えポーチも見逃せない
「アンドロージー」8月号付録はコスメサンプル祭り 5月22日に発売された7月号では、「ロベルタ・ディ・カメリーノ」とコラボした大容量のコス...

インスタでフォローする

Adsense関連コンテンツユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら

いいね!しよう